歯科衛生士として就職するのに良い歯科医院とは

歯科医院の良し悪しと歯科衛生士として勤める歯科医院の選び方

あなたはどんな歯科衛生士になりますか

そもそも歯科衛生士とは

歯科における治療行為の中心は歯科医師ですが、歯科は歯科医師だけで成り立っているわけではなく、歯科医師以外にも歯科医療行為に携わる人員が複数存在しています。
歯科衛生士は、歯科医師の補助や一部業務代行を担う、歯科医師へのサポートを行うスタッフです。

歯科衛生士の基本的な業務として、歯科医師の歯科診療行為を補助することによって歯科治療を円滑化します。
歯科医師の負担を軽減する歯科診療補助、予防歯科に類される虫歯予防を目的とした歯へのフッ素添付などの歯科予防処置、口腔の健康を保つための歯磨き指導や栄養指導といった歯科保健指導が挙げられます。
いずれの業務も、歯科治療にとって重要なものであることから、歯科衛生士は歯科医院にとって欠かせないスタッフと言えます。

歯科医院を構成する人員

歯科医師と歯科医師をサポートする歯科衛生士は、歯科医院の中核を成すスタッフであるものの、歯科医院が歯科医師と歯科衛生士だけで成り立つわけではなく、歯科医師や歯科衛生士以外にも歯科医院を構成するスタッフは存在します。

具体的には歯科技工士と歯科助手が歯科医師と歯科衛生士以外の歯科医院のスタッフです。
歯科技工士は義歯や歯科矯正用の装置を作成することを業務とし、歯科助手は受付業務及び会計業務に加え、医療用器具や医療機器の清掃も業務としています。
いずれも歯科医院にとって重要なスタッフであると言えるでしょう。

なお、義歯や歯科矯正用装置を外注する歯科医院もありますが、これは歯科技工士が歯科医院にとって不要というわけでは決してなく、義歯や歯科矯正用装置の必要性を踏まえると、歯科技工士が歯科医院にとって重要であることに疑いの余地はありません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る