歯科衛生士として就職するのに良い歯科医院とは

歯科医院の良し悪しと歯科衛生士として勤める歯科医院の選び方

歯科衛生士として勤める歯科医院の選び方

歯科衛生士として就職する際のポイント

仮に歯科衛生士として歯科医院に就職することを考える場合、一切の準備無しに面接を受けに行くことは歯科医院にとっても、就職を希望する歯科衛生士にとっても正しい行為とは言えません。
最低でも就職を希望する歯科医院を見学しておかないと就職希望の歯科衛生士はもちろんのこと、歯科医院にとっても無駄な時間になってしまいかねないのです。

また、見学においては、歯科医院の歯科治療の水準についていけるか否か確かめ、歯科医院の要求するスタッフ像を確認し、現場のスタッフに勤務実態を尋ねてみましょう。
歯科衛生士として勤めたいか、歯科衛生士として勤めることができるかの両方を確認することに加え、最低でも2件以上可能であれば3件以上の歯科医院を見学してください。

就職を避けるべき歯科医院

今やコンビニにも勝る程とされる歯科医院数に比例するように、歯科衛生士の需要も増しています。
面接を無難にこなし歯科衛生士として問題なく働けると判断され、歯科医院の求めるスタッフ像から大きく乖離していない限り、歯科衛生士が歯科医院に勤めることは難関という程ではありません。
だからといって、どのような歯科医院に就職しても良いというわけではないはずです。

例えば歯科衛生士や歯科助手の業務内容が、本来の業務内容を上回って、歯科衛生士が歯科医師にしかできない業務を代行したり、歯科助手が歯科衛生士にしかできない業務を代行したりしている歯科医院は危険極まりありません。
見学者にスタッフ間ないし職場の険悪なムードを感じ取られるような歯科医院もお勧めはできず、賃金の手渡しや未払いがあったような歯科医院は論外と言わざるを得ません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る